ウーマン

いぼの除去手術には種類がある【滑らかな肌を目指して慎重に治療】

いぼをしっかり治療する

ナース

美容整形外科でいぼの手術

複数のいぼが出来てしまい、自分で対処が出来ずに困っているという女性は少なくありません。首は衣服だけでなく、ネックレスなどでも摩擦が起こりやすい場所と言えるでしょう。小さな傷が出来た時に、そこからヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれるウイルスが入り込み、皮膚が感染することが原因となります。アトピー性皮膚炎の方は痒みから皮膚を引っ掻いてしまう事が多く、いぼの症状が出てしまう方は少なくありません。いぼ自体は良性の物が大半なので、そのまま放置してしまっても健康上は特に問題はないといわれていますが首やデコルテ周辺が大きく開くドレスや水着を着用する時にいぼが複数できてしまっているとおしゃれを楽しむことが出来ませんし、見た目も老けた印象になってしまうので悩む女性が多いため数が増える前に早めに対処を行うことをおすすめします。一般的にいぼは大きいタイプではなければ、通常の皮膚科で液体窒素を利用した冷凍凝固法で治療を行います。液体窒素を含ませた綿棒をあてることにより一時的に皮膚を低温火傷の状態にし、皮膚細胞を死滅させることで、約二週間ほどでかさぶたとなり自然に除去される仕組みです。ただ根本まできちんと除去出来ない場合が多く、一度目のケアでは取り切れない場合は数回ケアを繰り返す必要があり何度も皮膚科に通うのは面倒だという方には向いていませんし、綿棒を押し当てた際に肌に色素沈着が出来やすくなるデメリットがあります。そこで肌への負担を減らし、きれいな状態に短時間で仕上げる方法として注目されているのが美容整形外科で受けられるレーザー手術の治療を受ける方法です。美容整形外科では全身の美容にまつわる様々な治療を受けられるため、自分の悩みに合わせて医師が適切な施術で治療を行ってくれる体制が整っています。いぼ治療には炭酸ガスレーザーと呼ばれる機器を利用して手術を行うため、0.5〜2ミリまでの小さないぼをピンポイントで照射することで周りの皮膚に負担をかける心配がなく、肌表面のギリギリの部分でレーザーが削り取ることが出来るので手術を行った後に肌に色素沈着が起こりにくくなるメリットがあります。手術にかかる時間はとても短く、複数いぼが出来てしまっている場合も一度の来院でほぼケアを完了させることが出来るので、スピーディーなケアを希望している方や難度もクリニックに通う時間が取れない忙しい方でも安心して施術を受けることが出来るのも人気の理由となっています。ただレーザー照射を行う際に皮膚が薄い部分は一瞬ですが痛みを感じる恐れがあるので、施術前に麻酔処置を受けることが出来るのも安心ですし、施術後は肌を保護する専用テープを患部に貼ったり、自宅で使用する薬を処方してくれるので、施術後に外出をする場合も紫外線から患部を保護し、色素沈着が起こりにくくすることが出来ます。レーザーを利用した施術は、液体窒素を利用した冷凍凝固法を何度行っても完治しなかった難治性のいぼに特に高い効果があるとされ、炭酸ガスレーザーでイボとその周囲皮膚を蒸散させることで強い炎症が起こし、イボの対する免疫反応の引き金となることで結果的にイボがなくなる仕組みとなっています。